Back Issu
2010 08| |2010 10
9月1日(水)
2000年代の録音でこんなものがあったとは
・MOACIR SANTOS / OURO NEGRO

ジョアン・ジルベルトの来日を実現させたことでも知られるディアハートの宮田茂樹さんとの出会いの中で手にすることとなった、今は亡きモアシル・サントスの『OURO NEGRO』。「2000年代の録音でこんなものがあったとは」と、チェックできていなかったのはファンとして大変な不覚でした。



ブルーノート〜BN-LA期のホレス・シルヴァーのカヴァーでも知られる“KATHY”、一連の“COISA”シリーズ、“MARACATU,NACAO DO AMOR(APRIL CHILD)”に、“DE REPENTE,ESTOU FELIZ(HAPLY HAPPY)”、“ORFEU(QUIET CARNIVAL)”など、忘れ去られていた遠い過去の楽曲を自ら譜面に起こし行われた再録音は、2枚組のヴォリュームでベスト的な選曲に。そしてそこに集うミルトン・ナシメント、ジャヴァン、ジルベルト・ジル、ドナート、ジョイス、エジ・モッタらの客演には敬愛の念が滲みます。まさにキャリアの大集成、各曲の素晴らし過ぎるオリジナル・ヴァージョンと比べるのではなく、シンプルにモアシル・サントス唯一無二の変拍子の世界にどっぷりと身を投じるのにうってつけのアルバム。当分はこの作品で偉大な音楽家を偲ぶことにいたします。

「ボサノヴァの歴史」の著者であるルイ・カストロはこう言っています。「ブラジルがモアシールを知るべき時が来た、モアシールを学び直し、モアシールに報いる時が来た」と。遅ればせながら、素晴らしい本企画に最大限のリスペクトと乾杯を。



この『OURO NEGRO 』、「Bar Music」に少しだけ入荷させていただきました。ご興味がある方はぜひどうぞ。
9月2日(木)
メランコリア
10月6日発売の中島ノブユキさんの新しいアルバム『メランコリア』を聴かせていただきました。

http://www.youtube.com/watch?v=X_y6MJc3j4Q

より多くの方の耳に届きますように。



“忘れかけた面影”を辿る、遊歩の往還。映画『人間失格』O.S.T.を経て、中島ノブユキが新たに描き出した音楽〜時間〜世界への旅の道標。渾身の3rdアルバム『メランコリア』、遂に誕生。(リリース・インフォより)

中島さん、「Bar Music」でDJも! タイトルはアルバム収録曲「In A Mist」。『メランコリア』とはまた違う世界を表現してくださるとも思います。

11/3 Wed.(祝・文化の日)
In A Mist
[DJ]中島ノブユキ・中村 智昭(MUSICAANOSSA)
[at]渋谷 Bar Music
[info]03.6416.3307
※17:00オープン、18:00よりの開催です。
http://www.musicaanossa.com/bar_music/

中島ノブユキ
作曲家・編曲家・ピアニスト。東京とパリで作曲法 / 管弦楽法を学ぶ。ピアニストとしては勿論の事、時に作・編曲家として多種多様な音楽的造詣に根ざしたエレガントかつスリリングなアンサンブルを構築。菊地成孔 諸作品に作/編曲、ゴンチチ、高木正勝、畠山美由紀、沖仁らの作品に編曲等で携わる。ソロアルバムとしては『エテパルマ〜夏の印象〜』(06)『パッサカイユ』(07)をEWEより発表。また2010年2月公開の映画「人間失格」の音楽を担当した。2010年8月にはタップダンサー熊谷和徳氏と東京フィルハーモニー交響楽団が共演する「REVOLUCION」へ音楽監修/編曲/ピアニストとして参加。また3年振りにして3作目のソロアルバムとなる『メランコリア』を10月6日、SPIRAL RECORDSよりリリース。
http://nobuyukinakajima.com/
9月3日(金)
「LAMB」をご存知でしょうか
・LOU RHODES / ONE GOOD THING

かつて「アブストラクト」という表現が最も盛んに使われた90年代後半にデビューし、シーンを席巻したユニットであるLAMB(大ファンでした)のヴォーカリストであったルー・ローズ。シネマティック・オーケストラのアルバムやライヴへの参加を経て、今回シネマティック・オーケストラが新たに立ち上げたレーベル「モーション・オーディオ」から通算3作目にあたる『ONE GOOD THING』をリリース。



「時に、とても小さな物事が、人を元気づけ、世界に存在する素晴らしいものへと導いてくれる。この世界には、コントロールできないものがたくさんあるけれど、その中で私たちができることは、人生に起こる小さな物事から喜びを見つけること」彼女の内側にある極めてナイーヴな情感が、アコースティック・ギターの瑞々しい音色と美しく折り重なるストリングスと共に、静かに解き放たれています。

ここ数日はジャケットを眺めながら、このあまりに繊細な11編と共にする時間が増えています。



逆光感がたまりません。美しい......。
9月4日(土)
衝撃、または笑劇の「Piano Talk Show」
渋谷Pleasure Pleasureでの「Piano Talk Show」。ゴンザレスという不可思議な男を、もっと好きになりました。

夜は「Piano Talk Show」アフター・パーティー@青山LeBaronでDJ、その後横浜「Bar Move」での「横浜レアグルー部」1stアニヴァーサリーへ。なんともバタバタでしたが、大充実の一日。



「横浜レアグルー部」1stアニヴァーサリー、やはり楠元アニキが持って行きました。次回は11月に開催予定!
9月8日(水)
裸のイザベラ
第一話
KTa☆brasil(ケイタブラジル)くんとの「裸のイザベラ」。イヴェント・タイトルとなったオリジナル・レシピのカクテルで何度も乾杯の楽しい夜。これから、よりよいパーティーに育ってゆくような予感がしました。



次回も楽しみです!

10/13 Wed.
裸のイザベラ
[DJ]KTa☆brasil(ケイタブラジル)・中村 智昭(MUSICAANOSSA)
[at]渋谷 Bar Music
[info]03.6416.3307
※17:00オープン、18:00よりの開催です。
http://www.musicaanossa.com/bar_music/

KTa☆brasil(ケイタブラジル)
世界と日本をリアルに接続できる、打楽器奏者・DJ・MC・現場主義者・祭人。リオの名門IMPERIO SERRANO打楽器隊メンバー。2009年はUNIQLOの選ぶ「将来有望な国際的日本人5人」の広告モデル、Newsweek誌の「世界が尊敬する日本人100人」に選出。シンガポールのZouk、サンパウロのCRASH CLUB、渋谷WOMBでの国際共演マッチからメイン・オファーを受け、大小フェス〜クラブ・イヴェントへの出演は計78本を数えた。2010年1月にはマドリッドのSala Barcoのライヴ・セッションにゲスト出演し、月刊LATINA誌での連載もスタート。今後はオリジナル楽曲の音源と、1997年から続くブラジルでの様々な活動・交流をまとめた書籍の発表を予定している。6年目に突入したexciteの公式ブログも好評。
9月10日(金
生音ジャズ2010
ついに開催された新木場ageHaでの「生音ジャズ2010」。この選曲リストから、ぜひパーティーの気概を感じてください!

僕はわりと知られたアーティストの隠れた名演が中心のチョイス。それもまた個性でしょうか。これは貴重な記録なのかもしれません。

中村智昭 (MUSICAANOSSA)
Ray Bryant / The Fox Stalker (CADET)
Eric Legnini / Rock The Days (B FLAT)
Stanley Cowell Trio / Sienna: Welcome To This New World (SteepleChase)
George Cables / Quiet Fire (SteepleChase)
Jack Wilson / Gemstones (DISCOVERY)
Ahmad Jamal / The Look of Love (Impulse!)
The Paul Winter Sextet / Repeat (Columbia)
Tito Puente / Take Five (CONCORD)
Cal Tjader / Mambo Mindoro (CONCORD)
Alex Wilson / Ain't Nobody (Alex Wilson / Mr.Bongo)
Eugen Cicero / Cicero's Barcarole (Overseas)
Harold Mabern Trio / Recado Bossa Nova (Venus)
McCoy Tyner, Roy Haynes, Cecil Mcbee / Lazy Bird (Impulse!)

須永辰緒 (Sunaga t Experience)
Sidney Bechet / Egyptian Fantasy (RCA VICTOR)
Lars Gullin - Ake Persson / Nassi Goreng (PHILIPS)
Lou Blackburn / Jazz a Nova (imperial)
Ginga Trio / Ginga (chanteclear)
Bossa Nova + 5 / Sincopado Triste (BEL AIR)
Edison Machado / Coisa No.1 (CBS)
Hank Mobley / No Room For Squares (BLUE NOTE)
Cuarteto Jorge Anders / Suave Como un Amanecer (DIAL)
Agrupacion nuevo jazz / menorama (a'nj)
Johnny Frigo Sextet / The Arabian (ORION)
Willie Rosario y su Orquesta / Yayi's Instant Mambo (BMC)
Sexteto Fantasia / Mi Grupo (fuentes discos)
Joni Maza / Zero Hora (RCA VICTOR)
The Diamond Five / Samba to Come (EMI)
Sunaga t experience / A Kite (GENEON UNIVERSAL)

松浦俊夫
Grady Tate / Moondance (Janus)
Eddie Jefferson / Jeannine (Inner City)
Bei Xu / How Can You Let Me Be Sad (Universal)
Peter Herbolzheimer / Nica's Dream (MPS)
Michel Legrand / La Pasionaria (Gryphon)
Cannonball Adderley Quintet / Lehadima (Capital)
Clark - Boland Big Band / Om Mani Padme Hum (Atlantic)
Don Cunningham Quartet / Tabu (Exclusive)
Dee Felice Trio / Nightingale (Terry)
Tommy Chase / So Tired (Moles)
The Young Holt Trio / Wack Wack (Brunswick)
Gil Evans / Boogie Stop Shuffle (Virgin)
Dee Dee Bridgewater / Tokyo Blues (Verve)

中村雅人セクステット with Stax Groove -LIVE On Stage-
Hard Blues
Winds of Change
Waiting for Marvin
Nem Precisou Mais Um Sol
Ai No Kawa

Philippe Cohen Solal (Gotan Project / France)
JORGE LOPEZ LUIS / LA CIUDAD VACIA
ASTOR PIAZZOLLA / CITE´ TANGO
THE MILLIONERS / SMELLS LIKE TEEN SPIRIT
WILLIE ROSARIO / CALYSPSO BLUES (Honest Jon's Records)
SKA CUBANO / CUMBIA EN DO MINOR
JUANECO Y SU COMBO / EL GUAPO (Crammed Discs)
AFROSOUND / JUNGLE FEVER" (Vampi Soul)
LES ETOILES / ALO, ALO (RCA)
ZE´ BROWN / COCO DE TRAVA LINGUA
DORIS / DON'T (Mr Bongo)
SHARON JONES & THE DAP KINGS / 100 DAYS, 100 NIGHTS (Daptone Records)
NINO FERRER / JE VOUDRAIS E^TRE NOIR (Universal)
THE DANIELS / WEE WEE

社長 (Soil & "Pimp" Sessions)
SOIL&"PIMP" SESSIONS feat. Jamie Callum / Stolen Moments (Victor)
Danser's Inferno / Sombre Guitar (LIRS / Think!)
Michel Legrand & Co. / Southern Routes (Gryphon)
Gerald Wilson Big Band / Milestones (Pacific Jazz)
Doug Carn / Little B's Poem (Black Jazz)
Marta Szirmai / Bagira (Qualition)
Carlos Garnett / Mother of the Future (Muse)
Kalima / Sparkle (Factory)
Bill Summers / Brazilian Skies (Prestige)
Airto / Samba de Flora (Montuno)
SOIL&"PIMP" SESSIONS / Sahara (Victor)
SOIL&"PIMP" SESSIONS / I Believe in Miracles (CDR)

沖野修也 (Kyoto Jazz Massive)
THE DRUM SESSION / MOUTH TO MOUTH RESUSCITATION (PHILLIPS)
猪俣猛 / 単一楽器演奏〜ドラムス(TECHNICS)
McCOY TYBER / SALVADORE DE SAMBA (MILESTONE)
MORAVAGINE / CULBUTO (PROMOPHONE)
SLEEP WALKER / KAZE (ESPECIAL)
THE JAZZ DEFEKTORS / ANOTHER STAR (CBS)
CHET BAKER MEETS NOVOS TEMPOS GROUP / SALSAMBA (MUSICA RECORDS)

中村智昭 (MUSICAANOSSA)
Young Holt Unlimited / Live Medley (continued):Ain't There Something / Money Can't Buy (Brunswick)

社長 (Soil & "Pimp" Sessions)
Leon Thomas / I am (Flying Dutchman)

松浦俊夫
Pharoah Sanders / You've got to have Freedom (Timeless)



モンド・グロッソ〜スリープ・ウォーカーの中村雅人さん。ステージにはこの後ダンス・チームStax Grooveが合流!
Photo by Tomoya "Tany" Taniguchi
9月13日(月)
ジュニップ=ホセ・ゴンザレス
ホセ・ゴンザレスによるバンド、ジュニップの『Fields』を繰り返し聴いてました。しかしこれはもはや彼の3rdアルバムと言えるかも。大好き。



ジャケは独特の世界感を表現。

9月14日(火)
ツイート@http://twitter.com/TomoakiNakamura 2010.9.14~8.15

・明日9月15日(水)17:00より渋谷「Bar Music」にて、「Oasis~CALM 6th Album『CALM』発売日当日記念パーティー~」が催されます。CALMによる8時間のロング・プレイ、一曲たりとも聴き逃さないつもりです。2010年9月14日 18:02

・本日3回目のジュニップ『Fields』。どうしてもホセ・ゴンザレスが好き。2010年9月14日 2:58

・アブドゥーラ・イブラヒム with カルロス・ワード『Live at Sweet Basil vol.1』から、サティマ・ビー・ベンジャミンの『Dedications』へ。最近はこのご夫婦リレーが気に入っています。2010年9月14日 0:03

・本日、「It's a sunny day~2010年3月に他界したパーカッショニストのサニーを偲ぶ会~」と題されたイヴェントが、青山Cayにて16:00より行われます。Wack Wack Rhythm Bandをはじめ、縁のバンドとDJが出演。2010年9月12日 13:38

・楽しかった昨夜のイメージをそのままに、「ひとり生音ジャズ2010」をこのあと21:00から「Bar Music」にてやってみようと思います。2010年9月11日 20:12

・イメージは固まりました、迷いなくプレイできそう。いざ、新木場へ。ダンス・フロアでお会いしましょう。2010年9月10日 21:04

・今夜の「生音ジャズ2010」、のっけからトップギアで挑みます。2010年9月10日 12:39

・KTa_brasilくんとの「裸のイザベラ」を終えました。とても涼しい夜ですね。2010年9月9日 3:28

・今夜「Bar Music」で「裸のイザベラ」という名のパーティーを一緒にはじめるKTa_brasilくんのツイートにある、「夏の終わり告げる雨に歌いましょう」という一文が好き。2010年9月8日 13:42

・台風は関東寄りに進路変更したんですね。しかしとても久しぶりの雨、なんだか嬉しい。2010年9月8日 12:56

・これからオルガンバー「MIXX BEAUTY」へ!2010年9月8日 2:28

・台風が接近中なんですね。進路予想によると、関東への影響も少しあるみたいです。2010年9月7日 13:39

・USENチャンネル「D/H-03 usen for Cafe Apres-midi」では、「2010 Early Autumn Selection 9/6〜10/17」の放送がスタートいたしました。僕が担当する月曜日18時〜26時分は、Now Playingとなっております。2010年9月6日 19:45

・ライヴの余韻と共にゴンザレスの『Solo Piano』を聴き終え、Ticaの『Johnny Cliche』を。マイナー・コード。2010年9月5日 20:32

・昨夜の「横浜レアグルー部」1stアニヴァーサリーにお集りいただいた部員のみなさま、ありがとうございました(大量のテキーラは効きましたね)。横浜「Bar Move」のマスター、コクブさんにも大きなリスペクトを。2010年9月5日 14:51

・「Piano Talk Show」。ゴンザレスという不可思議な男をもっと好きになりました。2010年9月5日 13:04

・ムジカノッサHPのダイアリーを更新いたしました。新木場ageHaでの「生音ジャズ2010」をはじめ、9月はパーティーが盛りだくさんです。2010年9月4日 16:16

・今夜はゴンザレスの初来日公演「Piano Talk Show」アフター・パーティー@青山LeBaronでDJ、その後横浜「Bar Move」での「横浜レアグルー部」1stアニヴァーサリーへ。レコード・バッグの中身が大変なことになりそう。2010年9月4日 13:01

・中島ノブユキさんの新しいアルバム『メランコリア』を聴いた後に、そのまま2nd『パッサカイユ』の一曲目「秋のワルツ」へ。2010年9月3日 22:22

・明日土曜の夜は横浜「Bar Move」での「横浜レアグルー部」1stアニヴァーサリー! 縁のDJ総出演、ルーティン・ジャズ・サイドからはSlow Motion Replayの楠元さんも参戦! 名物「テキーラ・ガール」も! 2010年9月3日 17:45

・帰宅するとかならず愛猫が「ニャー」とむかえにきてくれるのは嬉しいけれど、それは「おかえり」ではなく「お腹が減った」って言ってるだけなのかもと、そのつど思ってしまいます。2010年9月3日 11:49

・休日の午後あたりにお店を使って、持ち寄ったレコードやCDの交換会~フリーマーケットのようなものがやれたら楽しいかも.....と、夢想しています。2010年9月2日 21:13

・USENビルへ。今日から10月後半〜11月分の放送準備です。2010年9月2日 13:16

・レコードにもCDにもデータにも、長所と短所がある。ライフ・スタイルやプレイ・スタイルにあわせて自分の意志でそれらを選ぶことが、音楽との距離をより親密なものにすることに繋がるんじゃないかな。少なくとも今は。2010年9月1日 14:06

・諸事情により予定を大幅にオーヴァーしオルガンバーに向かうも、やはり扉はすでに閉ざされていました。「Top Gear!」DJのみなさん、オルガンバー・スタッフのみなさん、お疲れさまでした......。2010年9月1日 6:24

・モアシル・サントスの『Ouro Negro』、2000年代の録音でこんなものがあったとは。チェックできていなかったのはファンとして不覚でした。2枚組のヴォリュームでベストな選曲。ミルトン・ナシメント、ジャヴァン、ジルベルト・ジル、ドナート、ジョイス、エジ・モッタらの客演にも愛が。2010年8月31日 21:22

・サンマの不漁がつたえられる中、イワシは豊漁とのこと。石巻魚市場(宮城県)での今日までの漁獲量は、昨年の年間漁獲量のなんと11倍。末端市場価格に反映されるのは、これからでしょうか。2010年8月31日 18:01

・あっという間に8月がおわりますね。「熱帯夜の記録更新」、「トロイカ体制」......。2010年8月31日 11:44

・今夜はモアシル・サントスが印象的でした。2010年8月31日 2:24

・昨夜「Bar Music」にて行った「ひとりムジカノッサ」は、4時間のプレイの中で新鮮な発見もあったり。なので今夜もこれからやってみようかと思います。テーマは大好きなスモール・サークル・オブ・フレンズの名曲よろしく、「さよならサマー・デイ」で。2010年8月29日 19:56

・恥文を寄稿させていただいた「JAZZ JAPAN」創刊号を買ってきました。DMR廣瀬くんのページのテーマは「日本の夏」。僕たち世代の音楽ファンにも届くといいな。2010年8月29日 19:00

・ノスタルジア77のメンバーによるMax Grunhard Quintetのワルツ「Sea Shanty」は何度聴いても素晴らしいと思う。ニ夜連続。2010年8月29日 0:54

・昨夜のDJバッグをそのままに、21:00から「Bar Music」にて「ひとりムジカノッサ~“Summer Goddess”」をやってみようと思います。2010年8月28日 19:42

・レコードを選んでいます。かなりテンションが上がってきました。今夜が楽しみです。2010年8月27日 19:45

・DMRにアロエ・ブラック「With My Friends」のデッド・ストック12インチが入荷していました。スタンリー・カウエル「Travelin'n Man」を巧みに組み替えた2006年名曲。2010年8月27日 18:31



・彼は変化した。心から尊敬しています。そして僕は、ずっと同じ場所にいる。2010年8月27日 13:57:23:JST webから

・あるライヴを観ていると、かつて新宿OTOの同期DJであった友人に久しぶりに再会。「このベースとトランペットの二人と一緒にバンドをはじめた」と誘われ、足を運んだ渋谷の高架下。あまりに衝撃的だったそのパフォーマンスこそ、デビュー前のSOIL&"PIMP"SESSIONSでした。2010年8月27日 12:58

今夜は「JAZZALAND“Summer Goddess”」。僕は22時からの2時間、社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS)はメインタイムに1時間半の共に「Summer Goddess Long Set」で挑みます。/2010年8月27日 10:37

・9月10日(金)に新木場ageHaで開催される「生音ジャズ2010」のポスターを、HMV渋谷店さんからいただいてきました。たった今「Bar Music」のお手洗いに貼らせていただいたのですが、すごい存在感です。2010年8月26日 19:52

・広島8-22阪神の歴史的大敗。けどやっぱりカープが好き。2010年8月26日 4:42

・ムジカノッサHPのダイアリーを更新いたしました。今日の湘南で観た夕暮れはまた次回に。2010年8月25日 22:56

・DJのため、片瀬江ノ島海岸「ビーチロック湘南」へ向かいます。夕暮れが楽しみ。2010年8月25日 13:07

・昨夜見上げた月は、とてもキレイでした。今夜も続くかな。2010年8月24日 14:26:52:JST webから

・ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート のライヴ・アルバム『イン・マントラ』を聴いています。場所は浄土宗大本山 光明寺、あの日の感動が鮮明に蘇ってきます。2010年8月23日 21:48

・渡辺亨さんから今日のテーマの発表がありました。「過ぎ行く夏、トロトロのソウル」2010年8月22日 18:00

・HMV渋谷店の最終日に少しだけ立ち寄ることができました。ちょうど、沖野さんが映画『ソウルパワー』のお話をされているところに。これから「Bar Music」で音楽評論家の渡辺亨さんと二人で「Count On Me」を。もちろん、良い曲しかかけないつもりです。2010年8月22日 17:45

・オルガンバーでの今夜の「Routine Jazz」、来週金曜日に青山faiで開催の「JAZZALAND」の予告編的に、 “Summer Goddess”をテーマに挑んでみようと思います。2010年8月21日 20:42

・今夜は「Organ Bar」で21時から小林径さんとの「Routine Jazz」、明日は「Bar Music」で18時から音楽評論家の渡辺亨さんとの「Count On Me」。気が付けば、8月もあと僅かなのですね。2010年8月21日 13:40

・フェニックス、キングス・オブ・コンビニエンス、ファイスト、ゴンザレスに、『100万回生きたねこ』と小山田圭吾さん。音楽ライターの井上由紀子さんの手で制作されたカルチャー誌『nero』の純度が素晴らしい......。2010年8月20日 18:11

・中島ノブユキさんの新しいアルバム『メランコリア』を聴いています。これからまた、何百回も繰り返すことになりそう。2010年8月19日 15:14

・今日までのサンマの水揚げ量が、例年の10分の1だそうです。そういえば昨日渋谷のお魚屋さんでびっくりするような値段がついていました。2010年8月19日 13:44

・閉店の日が迫るHMV渋谷店のセールに行ってきました。輸入盤が何と30%OFF。僕は3Fの山ブラ・コーナーで、Richard Crandellの『Mbira Magic』を購入いたしました。ベンチ・コネクションは1500円からさらに3割引きで、残りは15枚ほどとのこと!急いで!2010年8月18日 17:24

・なんだか設定がとても細かい夢をみました。2010年8月18日 11:53

・ムジカノッサHPのダイアリーを更新いたしました。今回はYouTube動画のUPに初トライです。それから、8月後半へのお誘いも。2010年8月17日 17:31

・Summer Goddessなミックスを終えました。2010年8月16日 19:39

・Summer Goddessな選曲をしています。2010年8月16日 1:47

・今夜は、スタンリー・カウエルのソロ・ピアノで「Imagine」を。2010年8月15日 19:13

・蝉が、全力で鳴いています。2010年8月15日 12:40

・アビー・リンカーンさんのご冥福をお祈りいたします......。2010年8月15日 11:20



こちらでは久しぶりに登場の“愛猫”ヤッコ、元気ですよー。
9月15日(水)
驚きの9時間超え!
「Oasis~CALM 6th Album『CALM』発売日当日記念パーティー~」、なんと9時間にもおよぶDJプレイに。内容はもちろん素晴らし過ぎ。CALMさん、ホントに凄いです......。



ジャケがプリントされたTシャツは、まだサンプルで一枚しか存在しないという貴重なもの。今夜もその音楽へのストイックな姿勢に痺れました。

次回も水曜日の夜に!

10/20 Wed.
Oasis
[DJ]CALM
[Host]中村 智昭(MUSICAANOSSA)
[at]渋谷 Bar Music
[info]03.6416.3307
※17:00よりの開催です。
http://www.musicaanossa.com/bar_music/

10月30日(土)に渋谷「PLUG」にて、Calm-Moonage Electric Quartet名義でのワンマン・ライヴも行われるとのことですよ。完全限定200枚という貴重なチケットを、お店で少しお預かりました。CALMさんの特別なごはからいにより、アルバムとのセット特典のご用意も。ぜひ!
9月16日(木)
言葉にすることの難しさ
サントリーホールでの来日公演が迫る、アブドゥーラ・イブラヒム(ダラー・ブランド)についてのインタビュー取材を受けました。

これまで彼の音楽に触れたことのない方にもその魅力がつたわるように、丁寧にお答えしたつもりです。

けれどいざ言葉にするのって、本当に難しいものですね。



Web掲載に際して、カメラマンさんに撮影していただきました。必要な光量の関係で、店内ちょっと明るめです。
9月17日(金)
加筆と修正への集中力
昨日のアブドゥーラ・イブラヒム(ダラー・ブランド)取材原稿に加筆と修正を。夕方の初見から数時間後の戻しまで、タイトなスケジュールにかなりの集中力を要しました。

内容は→http://www.qetic.jp/?p=41991をご覧くださいませ。

深夜は「Bar Music」にて友人・原田 雅之くんを中心に急遽開催されたパーティー「Non-Poli」に参戦。ディスク・ユニオンのスタッフである女流DJのEMARLEさんのプレイが噂に違わず太くて黒めで特に好みでした。



インタビューでも触れさせていただいたカルロス・ワードとの共演盤、『ライヴ・アット・スウィート・ベイジル vol.1』。この子とは、カフェ・アプレミディ時代からひたすら一緒です。
9月18日(土)
渋谷の夜
オルガンバーで「Routine Jazz」、カフェ・アプレミディは「Soul Souvenirs」。今宵渋谷はジャズとソウルでした。

良い音楽の鳴る街であり続けますように。



こちらは次回のフライヤーです!

10/16 Sat.
ROUTINE JAZZ
[DJs]小林 径 (Routine Jazz)・大橋 直樹・楠本 伸哉・Routine Jazz Crew・中村 智昭(MUSICAANOSSA)
[at] 渋谷 オルガンバー
[info]03.5489.5460
※21:00よりの開催です。
http://www.routinejazz.com/
9月19日(日)
初めての、揺れる調べ
デビュー・アルバム『Lapis Lazuli』をリリースしたばかりの人気ジャズ・バンド「ボヘミアンヴードゥー」のピアニストである木村イオリくんと、「Shima&ShikouDUO」や「silent jazz case」でお馴染みのトランぺッター島 裕介さんによるセッションが、お店の奥で静かに息を潜めていたローズ・ピアノを使って行われました。

「トリステーザ」、Shima&ShikouDUOの「猫がくる」、そして「スパルタカス」......。

「ローズ・ピアノ」という楽器の溢れる情感に、あらためて心奪われました。



イオリくん、かなりのイケメンなんです。そしてShikouさんがお師匠さんだそうですね。

まだ少し先ですが、次回はクリスマス直後の年末に!

12/26 Sun.
Rhodes Piano Session
[Live]木村イオリ(bohemianvoodoo)(pf) × 島 裕介(Shima&ShikouDUO / silent jazz case)(tp)
[DJ]中村 智昭(MUSICAANOSSA)
[at]渋谷 Bar Music
[info]03.6416.3307
※17:00オープン、ライヴは1st / 18:00〜、2nd / 20:30〜の開催です。
※¥2000 / 1Drink、40名様限定、お電話(Tel / 03.6416.3307)にてご予約を承ります。
http://www.musicaanossa.com/bar_music/
9月20日(月/祝)
今野雄ニさんへのトリビュート
今回の「Count On Me」は、先日亡くなられた今野雄ニさんへのトリビュートからスタートし、その後は主役・渡辺亨さんの誕生日を祝って。

とてもあたたかなパーティーとなりました。



次回は「ピアノ」をテーマにジャンルを往来!

10/17 Sun.
Count On Me~ピアノ編
[DJ]渡辺亨・中村智昭 (MUSICAANOSSA)
[at]渋谷 Bar Music
[info]03.6416.3307
※17:00オープン、18:00よりの開催です。
http://www.musicaanossa.com/bar_music/

渡辺亨
音楽評論家。札幌生まれ。 「ミュージック・マガジン」「CDジャーナル」「リバティーンズ」などに執筆。レギューラーでNHK-FM「世界の快適音楽セレクション」の選曲・構成を担当、および出演。
9月21日(火)
進化と深化
オレンジペコーの藤本一馬くんの提案から、急遽行うことになった「藤本一馬 Private Live」。

ベーシストの工藤 精さんとのアコースティック・デュオで、特に2ndステージは神がかってるようにも。

僕はDJとして、ECM周辺の音でそれに応えました。



彼はまだまだ音楽家としての進化と深化を続けています。次回も楽しみ。

10/27 Wed.
藤本一馬 Private Live@Bar Music
[Live]藤本一馬(orange pecoe)(g) × 工藤 精(b)
[DJ]中村 智昭(MUSICAANOSSA)
[at]渋谷 Bar Music
[info]03.6416.3307
※17:00オープン、ライヴは1st / 19:30〜、2nd / 21:30〜の開催です。
9月22日(水)
OTO、15年の記憶。
新宿OTOの15周年記念パーティーへ。ライムスターのDJ JINさんと久しぶりにお話できて感激(先日の「生音ジャズ2010」の際の、同会場別イヴェントでのプレイは燃えました!)。

僕は明け方に、15年間への様々な思いをMCを交えて一曲ずつ丁寧にプレイ。やはりこの場所には、特別な感情があります。





落合さん、スタッフのみなさん、おめでとうございます!
9月24日(金)
祝!FRED PERRY LAUREL
3rd Anniversary
DJ仲間である大橋直樹さんが店長をつとめる、青山は骨董通り「FRED PERRY LAUREL」の3周年を祝っての「Jazz Room」特別開催。東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦さんのプレイが最高にクール!

250人を越えるお客さまにおこしいただき、素晴らしいパーティーとなりました。ありがとうございました!



DJをバトンさせていただいたんですが、隣にいるだけでドキドキしてしまいました......。
9月25日(土)
そしてムジカノッサは11年!
サイゲンジさん&SCOFをおむかえしての、ムジカノッサ11周年記念パーティー!

お待ちしてますね!

10/22 Fri.
MUSICAANOSSA
ムジカノッサ11周年記念パーティー
[DJ]中村 智昭(MUSICAANOSSA)・高木 慶太・橋本 徹(SUBURBIA)・小林 径(Routine Jazz )
[Live]Saigenji・Small Circle of Friends
[at] 南青山 fai
[info]03.3486.4910
※22:00-5:00の開催です。
http://www.musicaanossa.com/
http://www.fai-aoyama.com/

Saigenji
1975年広島生まれ、沖縄〜香港〜沖縄〜東京育ちのギタリスト&ヴォイス・パフォーマー、インプロヴァイザ−、ソングライタ−。その圧倒的なエネルギ−に満ち溢れたパフォーマンス、卓越した技術とセンスに裏付けられた存在感は観た者全てを虜にし、独自の観点から生み出される作詞・作曲も多方面で高い評価を受けている。2010年9月9日に2年3ヶ月ぶりの7thアルバム『Another Window』をリリースしたばかり。
http://saigenji.com


Small Circle of Friends
武藤サツキと東里起の二人組。1994年にUnited Future Organizationの主宰するレーベル「Brownswood」よりマキシ・シングル『e.p.』でデビューし、以後9枚のアルバムをリリース。現在は10枚目となるアルバムを製作中。また、東里起とBASI(韻シスト)による新たなプロジェクト「DESIGN」も始動、2010年10月6日には1stアルバム『D.E.S.I.G.N.』をリリース。
http://www.scof75.com/





お二組のコントラストが雰囲気をつくってくれています。ライヴ、今から楽しみでなりません!みんなで乾杯しましょう!
9月26日(日)
マイルスな夜
BLUE BEAT BOP!の山名昇さんDJによる「マイルスな夜〜マイルス・デイヴィスだけプレイする夜」。

遺作となったヒップホップ『Doo-Bop』さえも新鮮に響きました。

今後も年に一度、今日という日があってもよいのかもとも。



山名さん、『Miles Ahead』と共に。
9月27日(月)
Won't Be Long
USENチャンネル『D/H-3 usen for Cafe Apres-midi』 、僕の担当する月曜日 18:00~26:00の放送を、リアルタイムで通して聴いてみました。毎回のことながら、一ヶ月以上前に行った選曲なのでとても新鮮。

こうして全国の様々なシーン(場面)に添えられているのかと思うと、やはり嬉しくなってしまいます。



今夜「Won't Be Long」が特にナチュラルに鳴っていた、Michael Deaconの『Runnin' In The Meadow』。
9月29日(水)
Bar Modern Timesの世界観
Modern Locus a.k.a. megさんとのコラボ「Bar Modern Times」。今夜も厳選食材による美味しい料理を提供していただきました。

DJの中澤 剛さんとはECMのかけ合いのようになる時間帯も(笑)。二人の世界観は接近しつつあるようです。



こちらは本日のメニュー、「イタリア産生ハム巻きアスパラのグリル、サラダ添え 」。
次回は11月末に!

11/24 Wed.
Bar Modern Times
[Food]Modern Locus a.k.a. meg
[DJ]中澤 剛・中村 智昭 (MUSICAANOSSA)
[at]渋谷 Bar Music
[info]03.6416.3307
※18:00よりの開催です。
http://www.musicaanossa.com/bar_music/

Modern Locus
熊本県出身。シェフとして中目黒solfaや渋谷CAFE&DINNERスタジオにてパーティー/イヴェントへフードを提供、ケータリングは常に好評で完売となっている。また、渋谷・無銘食堂では「Modern Times Dinning」を毎月第一金曜に開店、新聞や雑誌にも取り上げられるなど大きな話題に。一方で渋谷・Organ Bar「ASAYAKE BREAKS」や青山・EVER「LOBBY」「JAZZBROTHERS」へレギュラーDJとして参加するほか、渋谷・宇田川スタンドSにて隔週でDJを務めるなど精力的に選曲活動を行う。DJネームmodern locus(現代的軌跡)は、JAZZBROTHERS PRODUCTION、YAMA a.k.a. SAHIB氏より命名。
9月30日(木)
9月のCDリコメン@apres-midi.biz 其の一
・RENATO MOTHA & PATRICIA LOBATO / IN MANTRA
・RENATO MOTHA & PATRICIA LOBATO / SHABDS PARA A PAZ

これまで極めてクオリティーの高いボサノヴァを紡いできたデュオとして知られるヘナート・モタ&パトリシア・ロバート。昨年の来日ツアー時にDJとして舞浜・イクスピアリでの公演をサポートさせていただく機会を得たのは、あまりに光栄なことでした。その際にさらにもう1か所、今度は純粋に彼らのファンとしてどうしても足を運ばなければならない場所があったのです。それは“ブラジル音楽とヨーガの美しき出会い”を見事に作品化した崇高なる意欲作、『SHABDS PARA A PAZ』(以前、カフェ・アプレミディでも数えきれないほどリピートせていただきました)の世界を唯一表現するという鎌倉は浄土宗大本山・光明寺でのライヴ。

その日──2009年4月26日のムジカノッサ・ホームページのダイアリーに僕は、「とにかく感動の一言。ここ数年の間に観たライヴの中でも、最も印象的なものでした。一生今日の音と映像を忘れることはないでしょう」と書き記しています。それはミナス、スピリチュアル、リズム、ハーモニー、マインドの完璧な融合、そして会場との共鳴。あのときの唯一無二のパフォーマンスが、時を隔てライヴ・アルバム『IN MANTRA』として今ここにあるのです。これ以上のよろこびはありません。

余談になりますが、ブラジルの二人のもとにこのアルバムが届けられたのが偶然にも結婚記念日の夜だったという後日談にも、とても心が温まりました。



結婚記念日のエピソードは、NRTの成田さんによるものです。美しいジャケットに感激されたそうですよ。

Back Issu
2010 08| |2010 10