Back Issu
2011 04| 2011 06 
5月14日(土)
MUSICAANOSSA × W.W.R.B.!
6/24(金)青山 faiでの「ムジカノッサ」、Wack Wack Rhythm Band(ワック・ワック・リズム・バンド)のスペシャル・ライヴと共におおくりいたします!

6/24 Fri.
MUSICAANOSSA
ムジカノッサ
[DJ]中村 智昭(MUSICAANOSSA)・高木 慶太・橋本 徹(SUBURBIA)・小林 径(Routine Jazz)
[Live]Wack Wack Rhythm Band
[at] 南青山 fai
[info]03.3486.4910
※22:00~5:00の開催です。
http://www.musicaanossa.com/
http://www.fai-aoyama.com/



WACK WACK RHYTHM BAND
本人達すらジャンル形容不可能、強いて言えばリズム&ブルースとロックを下敷きにファンキーでポップで常に全力疾走なワック・ワック節を確立したホーンセクションを含む10人編成のインスト・パーティー・バンド。結成当初からジャンルを問わず様々な共演者、場所での活動を重ねに重ね、ワン・アンド・オンリーな存在として王道と横道を往復する。

中村智昭(MUSICAANOSSA / Bar Music)
DJ/選曲家/音楽ライターとして「ムジカノッサ」を主宰、渋谷「バー・ミュージック」店主。複数のコンピレイションCDやディスク・ガイドの企画・監修を手掛け、 USENやFM各局にも選曲を提供。また、渋谷「カフェ・アプレミディ」にて、1999年のオープンから2009年4月まで店長も務めた。最近の執筆はベニー・シングスの最新作『Art』(ビクター)や、ジャイルス・ピーターソンによるブルーノートのコンピレイション『Everyday Blue Note Compiled by Gilles Peterson』(EMI)のライナーノーツなど。CALMベスト・アルバム『Mellowdies for Memories...Essential Songs of Calm』の選曲とその解説も担当している。
http://www.musicaanossa.com
http://twitter.com/TomoakiNakamura

高木慶太
ワイルドなブラジリアンDJにしてエレガントなミュージックスタイリスト。'No samba, No life!'をキーワードに、『セレソン』(BMG)、『フレスカ・サンバ』(EMI)、『ファンク・ブラック・リオ』 (EMI)、『ベン・ヂマイス』(ユニバーサル)といった褐色系ブラジル・コンピレイションの共同監修を手掛けるほか、USENの人気チャンネル「DH-3 usen for Cafe Apres-midi」選曲チームのコアメンバーでもある。また、店舗BGMやブライダルシーンなどにも活動の場を広げており、職人肌の選曲家としてクライアントの信頼も厚い。社会人アメリカンフットボールチーム「オービックシーガルズ」広報担当としての顔も持つ、文字通りの体育界系。
http://twitter.com/NOSAMBA_NOLIFE

橋本徹(SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。サバービア・ファクトリー主宰。渋谷・公園通りの「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは190枚を越える。NTTドコモ/au/ソフトバンクで携帯サイト「Apres-midi Mobile」、USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」を監修・制作。著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://www.apres-midi.biz

小林径(Routine Jazz)
黎明期である80年代からDJ活動を始め、常に日本のクラブ・シーンの中心的な存在として現在まで活動を続ける。90年代はプレスティッジ・レーベルのリイシューなどを通じ、ジャズ・ファンク・ブームのオリジネーターとして脚光を浴びる。当時はルー・ドナルソン、ロイ・エアーズ、バーナード・パーディーらのライヴのプロデュースも行い、2006年には多種多様なジャズを混在させたイヴェント「The ShapeOf Jazz To Come」をスタジオ・コーストで大規模に行った。制作ではメシオ・ パーカーをフィーチャーしたデビッド・マシューズの『J-FUNK EXPRESS』や代表作『routine』他多数。『Routine Jazz Sextet』は著名なジャズ評論家の寺島靖国氏が解説するなど、クラブ・ジャズ初の本格的なジャズ・アルバムとして国内外で賞賛される。コンピレイション「Routine Jazz」シリーズのトータルは25タイトルを越え、ジャイルス・ピーターソンもレコメンドするなど世界的にも評価が高い。
5月15日(日)
Benny Songs for Bar Music
ベニー・シングスの最新作『Art』の発売を記念して、彼の曲と彼がプロデュースした曲の中からマジカルでドリーミンな曲のみを厳選してみました。それは『Art』ではラスト・ソングとなる「Downstream」から始めるベニー・ソングス。

・Downstream / Benny Sings
・Dust / Benny Sings
・Make A Rainbow / Benny Sings
・Let Me In / Benny Sings
・When Morning Comes / Wouter Hamel
・Melancholic You / Giovanca
・No More Drinks / Benny Sings
・Over My Head / Benny Sings
・Peace And Happiness / We'll Make It Right
・My Best Friend / We'll Make It Right
・Yours / Benny Sings
・Simply Mad / Giovanca
・The Masquerade is Over / Pieter De Graaf featuring Benny Sings
・Champagne people / Benny Sings
・On Christmas Morning feat.SK Office Choir / Benny Sings & Clara Hill



ベニー・シングスの最新作『Art』! 光栄にもライナーノーツを担当させていただきました。「Downstream」は必聴の素晴らしさ!
※Bar Musicでお買い上げいただいたお客さまには、もれなくお店限定のスペシャル特典を差し上げます。
5月28日(土)
usen for Cafe Apres-midi
Monday Classics 2001-2011
「usen for Cafe Apres-midi」の10周年を祝うコンピレイション『Haven't We Met?』の発売を記念して、僕なりのクラシックスを集めてみました。ケニー・ランキンが亡くなってしまうまで長きにわたって、担当する月曜日の一曲目は必ずカルトーラでした。そのことを、この選曲にも記しておきます。

・Verde Que Te Quero Rosa(Live) / Cartola
・The Grass Is Greener / The Howlett Smith Trio
・Like You Used To / Tom Church
・Afterhoughts / Gary Bartz
・Dance Of The Little Children / Billy Parker
・Children's Trilogy / Muriel Winston
・The Virgin: Virgo / Scott Jones
・The Hands Of Time / Michel Legrand
・Inside(Live) / Kenny Rankin
・Peaceful / Dick Mcgarvin
・Napule E / The Eddie Roberts Quintet
・Wichita Lineman / Glen Campbell
・Icarus(Live) / The Winter Consort
・Quiet Departures / Eberhard Weber
・Something New / Triosence
・Imagine / Stanley Cowell
・Cross Country / Archie Whitewater
・Lean On Me / Beth Orton feat. Terry Callier
・Tristeza / Zimbo Trio



僕も選曲に参加〜解説を寄稿した「usen for Cafe Apres-midi」の10周年を祝うコンピレイション『Haven't We Met?』。Bar Music限定のスペシャル特典をご用意してお待ちしてますね。
5月31日(火)
ツイート
@http://twitter.com/ TomoakiNakamura
2011.5.1~5.31
● ベニー・シングスの「Make A Rainbow」が流れています。5月1日

● 今日も愛猫の食欲がハンパないです......。5月2日

● なんと大好きなホセ・ジェームスからメッセージが!
Thanks! I'm glad you like it!
→「Bar Music is one of the best spots in Tokyo - respect!」
5月2日

● Jose James is one of the best vocalist in world - respect!
5月2日

● Calm DJによる今夜の「Oasis」@BarMusic_Coffeeは、ライヴ・アルバム(本日リリース、特殊パッケージ限定800セット)の発売を記念したスペシャル開催。僅か50枚限定となるファン必携のポスターの販売も。明日も祝日ということで、ぜひゆっくりと音楽に浸りましょう。5月3日

● 短めのディスク・セレクション原稿×3本を、3週に渡って書き終えました。能力が乏しい上に時間は限られているけど、それでもコツコツ。5月4

● ノルウェイへ帰国してしまうお客さまのために、スモール・サークル・オブ・フレンズの曲だけでDJをしています。「Love Potion No.5」の歌詞は、今の季節にピッタリですね。5月6日 21:38

● 「生音ジャズ 2」へ想いを馳せながら、ライトアップした
Bar Musicでジェームス・ブレイクをアナログ盤、爆音で。
James Blake「Limit To Your Love」5月7日 04:45
動画はコチラから

● 今週のお昼は、USEN神泉ビルで連日選曲の予定。「夏は目の前」というイメージで。5月9日 13:06

● Bar Musicは、6月1日になんとか一周年をむかえることができそうです。足を運んでくださるみなさま、応援してくださるみなさま、本当にありがとうございます。5月10日 01:16

● やりたい事、やらなくてはならない事が沢山。優先順位をきちんと整理して、ひとつずつを丁寧に。お店を、もっと良い場所にしたい。5月11日 03:21

● 祈りました......。5月11日 14:54

● 5/21(土)20:00~24:00にBar Musicにて開催、中島ノブユキ(@nakajima_nob)さんとの選曲会「Oblivion」ですが、BEAMS RECORDSの青野賢一(@kenichi_aono)さんも参加してくださることになりました!5月11日 15:05

● 【珈琲豆の販売を始めました】65年続く広島の老舗自家焙煎喫茶「中村屋」のオリジナル・ブレンド豆 100g ¥500  コロンビアをベースに、ブラジル、マンデリン、タンザニアなどをブレンドし、直火式の深煎りで仕上げてあります。5月12日 18:57

● USENチャンネル「D/H-3 usen for Cafe Apres-midi」の放送開始10周年を記念したコンピレイション、『Haven't We Met ?』のマスタリング済音源を繰り返し聴いています。セレクター全員で一曲ずつのセレクト、胸にぐっときています。5月13日 00:42

● 尊敬すべき友人・KTa☆brasil最大の魅力は、この行動力にある
コチラから 5月13日 01:18

● たくさんのイワシを捌きました。今はニンニクや香草と一緒に弱火でコトコトと。明日にはきっと、美味しいオイルサーディンになるでしょう。5月13日 01:33

● 添田くんのDJから、Bar Musicでの「OTONOMA」始まっています。開け放った窓をバックにヴィクター・デイヴィスの弾き語りからジェームス・ブレイク、のっけから気持ち良すぎ。今夜も「音の間」を探っていきます。5月13日 23:33

● なんとベニー・シングスのアカウントが!
→@BennySingsmusicライナーノーツを担当させていただいた
最新作『Art』はVictor Entertainmentより5/18発売です!
5月14日 18:20

● 今週もがんばろう。5月16日 12:58

● 本日のBar Musicは、
『usen for Cafe Apres-midi』Spring Selection 2011 Monday 18:00~26:00(僕選曲です)を聴きながら。
本クールは今週が最終放送、来週月曜日からは
「Early Summer」に切り替わります。5月16日 18:27

● USENチャンネル
『D/H-3 usen for Cafe Apres-midi』Early Summer Selectionの放送分26時間の選曲を終えました。また少し、物事が前に進みました。
5月18日 11:34

● [DJ] 渡辺亨・中村智昭「Count On Me」@Bar Music 、スタートいたします!「シャーデー、カサンドラ・ウィルソン系──今夜は女性ヴォーカリストのみ」(渡辺亨)5月18日 20:02

● 「シャーデー、カサンドラ・ウィルソン系──今夜は女性ヴォーカリストのみ」(渡辺亨)を受け、大好きなUKソウル中心でDJに挑みます。12インチ・シングル多めでしょうか。
5月18日 21:29

● 【速報】6/24(金)青山 faiでの次回「ムジカノッサ」、
Wack Wack Rhythm Band(ワック・ワック・リズム・バンド)のライヴが決定いたしました!5月19日 12:22

● ベニー・シングス、待望の単独来日公演が決定したそうです! 8月9日(火)、場所はBillboard Live Tokyoで2ステージ、 しかもWe'll Make It Rightのメンバーと一緒だなんて!5月19日 22:34

● お知らせがリリース日より遅れてしまいましたが、
僕がライナーノーツを担当したベニー・シングス(@BennySingsmusic)の最新作『Art』、入荷いたしました
。お店限定のスペシャル特典をご用意してお待ちしております
。5月20日 18:40

● 今夜Bar Musicで中島ノブユキさん、青野賢一さんと開催の
「Oblivion」、タイトルはピアソラの名曲から→コチラから
5月21日 12:52

● 中島ノブユキさんの選曲は、独特のうねり方をしていた(それこそがNew Weveなのかもしれない)。間近でみる青野堅一さんのプレイは、男の僕が言うのも変だけど、とてもセクシーだった。5月22日 13:53

● 今日の雨は本気。5月22日 15:25

● 昨夜「Cafe & Diner スタジオ」の6周年記念パーティーの底抜けにピースな空気の中で、とても残念な話しも聞きました。時間と共に街が表情を変えてゆくのは仕方のないことだけど、それでもやっぱり。5月23日 14:28

● 【先週末焙煎の珈琲豆入荷のお知らせ】65年続く広島の老舗自家焙煎喫茶「中村屋」のオリジナル・ブレンド豆 100g ¥500  コロンビアをベースに、ブラジル、マンデリン、タンザニアなどをブレンドし、直火式の深煎りで仕上げてあります。5月23日 15:28

● これからのレコードの買い方を、真剣に考えています。5月24日 14:15

● ベニー・シングスの最新作『Art』、そしてCalmのベスト・アルバム『Mellowdies for Memories』、共にお店限定のスペシャル特典つきで大好評販売中です。BGMとしてのリクエストも、お気軽にお申し付けくださいませ。5月24日 18:35

● 【レコードを、Barで聴く】
28.Benny Sings / I Love You - Live At The Bimhuis
(Sonar Kollektiv 2005) マイケル・フランクスの遺伝子を受け継ぐオランダのポップ・マジシャン。永遠の「Make A Rainbow」。5月24日 20:33

● 「Make A Rainbow」が見当たらなかったので、「Yours」を。5月24日 20:57

動画はコチラから

● ジェームス・ブレイク、10月12日 (水)に来日公演決定したそうです!→コチラから

動画はコチラから
5月26日 14:14

● 開店休業。しかしながらブロッサム・ディアリー
『Winchester In Apple Blossom Time』と共にあった実りある夜。どなたさまも、おやすみなさい。5月27日 03:19

動画はコチラから

● 僕の実家である65年続く広島の自家焙煎喫茶「中村屋」を丁寧にレポートしてくださっているサイトがありました(ありがとうございます!)。Bar Musicのコーヒー豆は、ここから毎週やってきます→http://concierges.exblog.jp/11499976/ 5月27日 13:43

● 広島の自家焙煎喫茶「中村屋」についてのツイートをしてくださったみなさま、ありがとうございました。広島は多くの河川が流れる素晴しい街です。ぜひご旅行の際に。美しい宮島(満潮時がお薦め)、お好み焼きにアナゴ飯、そして大人になってからもう一度訪ねてほしい原爆資料館。5月27日 18:37

● Bar Musicの公式ブログがスタートいたしました
http://barmusic-coffee.blogspot.com/ 5月27日 18:45

● 大好きな、大好きな、ギル・スコット・ヘロンが62歳でお亡くなりになられたそうです。心よりご冥福をお祈りいたします。Gil Scott-Heron「Back Home」5月28日 12:21
動画はコチラから

● 僕も選曲に参加した「usen for Cafe Apres-midi」の10周年を祝うコンピレイション『Haven't We Met?』、急遽本日先行入荷いたしました。お店限定のスペシャル特典をご用意してお待ちしております。5月28日 18:42

● 【レコードを、Barで聴く】29.Gil Scott-Heron/Brian Jackson / Winter In America(Strata-East 1974)「Back Home」で締めくくられるSide Aの特別な揺らぎ、そしてグルーヴする「The Bottle」。5月29日 01:22

● 激しい雨と厚い雲は、どこかへ。空は青い。5月30日 13:25

● 今夜の「Bar Music一周年前夜祭」ですが、高木慶太さん(@NOSAMBA_NOLIFE)のお誕生日会も兼ねております。みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひお越しくださいませ!→コチラから5月31日 12:59


Gil Scott-Heron/Brian Jacksonのストラタ・イーストでの名盤『Winter In America』。先日スタートしたBar Musicの公式ブログでも、彼の動画と共に追悼をさせていただきました→コチラから

Back Issu
2011 04| 2011 06