Back Issu
2012 10| 2012 12 
11月30日(金)
@http://twitter.com/ TomoakiNakamura
2012.11.1~11.30
*これから「テリー・キャリアーを偲ぶ夜〜Talkin’ About T.C.」で30分ほど、テリー・キャリアーの曲のみでDJを。その後は20時30分からTHE ROOM「SHIBUYA BAR SUMMIT」にて1時間プレイいたします。→コチラ 11月3日

*昨夜、テリー・キャリアーのベスト盤がBar Musicで複数枚売れました。彼のことを知らない音楽ファンはまだまだたくさんいる。僕にやれることはある。11月6日

*【ライナーノーツを執筆したドン・サルヴァドール・トリオ入荷のお知らせ】→コチラ 11月9日

*WACK WACK RHYTHM BANDの結成20周年記念イヴェント「XX 1992-2012」は、全ての時間が最高のパーティーだった。11月11日

*本日、大島さんとの協議の結果、急遽「2014 FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選 オマーン代表 対 日本代表」をプロジェクターで応援することとなりました。もちろんBGMは大島さんセレクトです!11月14日

*ただいまリハーサル中のヨハン・クリスター・シュッツとローズ・ピアノの相性は、すこぶる良いと思います。[Live] J.C.Schutz(vo・g)、坂 和也(Rhodes Piano)→コチラ11月17日

*藤本一馬くんの2ndアルバム『Dialogues』は、2012年を締めくくる素晴しい作品!11月19日

*カリカリしてない「カリカリ梅」を引いてしまったときの満たされない欲求。11月22日

*「Bar Musicスケジュール〜The End of Autumn & December 2012」→コチラ 11月21日

*愛猫を検診に連れて行ってきました。猫年齢的にはもうおじいちゃんの、この子の長生きを願いながら。11月23日

*松浦俊夫さんのツイートです。思わず頷いてしまいました→「昼も夜も曜日もオンもオフもないけれど、信じる音楽を持って真っ直ぐ前に進み続けよう」11月25日

*スモール・サークル・オブ・フレンズがキャリアの代表曲「波よせて」をライヴの冒頭で披露するという大胆な構成にしたのは、昨夜が初めてだという。それは「暮らしの手帖」「ラブリーデイ」という、新たな名曲への自信の表れだ。この2曲は組曲として、これからより多くの人々の胸を打つに違いない。11月25日

*本日の「裸のイザベラ」、おすすめフードは「カボチャのポタージュ」「牛スジの赤ワイン煮込み」です! 11月27日

*【いつもimproを応援してくださる皆さんへ】今夜elevenで行われる「impro 9」、僕のDJクレジットはありません。当初の日程を変更して開催される運びとなったため、スケジュールのバッティングを避けることができませんでした。けれど気持ちはみなさんと一緒です。楽しい夜を!11月29日

*丈青さんと僕は、出会ったころからずっと、スタンリー・カウエルで繋がっている。11月30日



日本盤ライナーノーツを2009年に担当した『About Time : The Terry Callier Story 1964-1980』。ご冥福を、心よりお祈りいたします。
11月19日(月)
MUSICAANOSSA
Bar Music Vol.8
Silent Night Selection
・Cesare Picco / Time After Time
・Tracey Thorn / River
・Rogue Wave / Christmas
・Sufjan Stevens / Holy, Holy, Holy
・Howlett Smith / Santa Claus Please Listen To Me
・The Supremes / My Favorite Things

・Rotary Connection / Christmas Love
・The Whispers / A Song For Donny
・Benny Sings & Clara Hill feat.SK Office Choir / On Christmas Morning
・Kenny Rankin / Jingle Bells
・Kings Of Convenience / Deiling Er Jorden
・Ryuichi Sakamoto / Merry Christmas Mr. Lawrence
・Terry Callier / Silent Night



かつて7インチでトーキング・ラウドからリリースされた「Silent Night」。彼の滋味溢れる歌声に魅了される好カヴァーです。今年こそ、より聴く価値があると思います。

Back Issu
2012 10| 2012 12